頬の赤みを改善した方法

小さいころから「色が白くていいね」と言われていましたが、実はコンプレックスの一つでした。

七難隠す、というのは正直嘘ではないかと思っています。

なぜなら、色が白いと肌のあれている部分や悪いところが見えやすくなってしまうからです。

また、化粧品のカウンターなどので肌診断で「色が白いので肌がとても薄いです」と言われ、真剣なケアを必要といわれました。

小さいころは冬場に暖房の効いた部屋にいるだけで、ほっぺたがりんごのように真っ赤になってしまい、同級生にからかわれたりしました。

そのことはケアもしていなかったので、できるだけ薄着にしたり、重ね着をして暑くなりすぎないように服で温度調節をしていました。

でも、大人になってからは冷え性持ちになってしまったこともあって、洋服だけの調節では足りなくなり、根本的に原因を探り改善するようにしました。

まずは、体の中からのケアを見直すことにしました。

冷え性で血流が良くないこともあり、お医者さんに相談しました。すると、適度な運動と必ず湯船に入ること、そして食品のバランスを薦められました。

運動は全くしていなかったので、軽いジョギングからスタートしました。そして、湯船にも短い時間でもいいので肩まできちんとつかるようにしました。

その際熱すぎるお湯ではないことを気を付けました。熱すぎると皮膚に負担がかなりかかってしまうとアドバイスされたのです。

赤ら顔化粧水ULU(ウルウ)は効く?

食品に関しては、冷たいものを真夏のどうしても欲しいとき以外はとらないようにしました。

できるだけ常温のものを飲み、寒い時期は白湯を飲むようにしました。コーヒーや緑茶は2日に1回程度に気を付けました。

本当は飲まない方が良いのかとは思うのですが、好きだったのでその程度に収めています。

もちろんショウガをなるべく料理などで入れるようにしました。根本的に体温が低いのでそこからまず改善したかったのもあります。

これらのことをしばらく続けると驚くことに、冬でも体が末端までは冷たくなりませんでした。

精神的にも運動でストレス発散ができ、かなり落ち着けたと思います。

35度台だった低体温も36度半ばまでなんと上がることができ、風邪もひきにくくなりました。

顔の赤みを取る方法

体温が上がるとほっぺたの赤みもできずらくなったと思います。温度調節がうまくできていなかったのではないかと気が付きました。

そして、体の外からのケアを言う面では、やはり肌が薄いことがかなり赤ら顔に影響していたので、なるべく負担をかけない、負荷を与えないように努めました。

例えば、ぬるま湯での洗顔にして熱いお湯はやめること。泡をたくさん作って泡だけで洗うことです。

手の摩擦でさえも肌には大きなダメージを与えると聞いたので、スポンジなどを使ってもこもこの泡を作ってホイップを軽く顔に乗せる程度に洗顔をしました。

また洗顔料もできるだけ無添加の固形石鹸にしました。

大量生産されている洗顔料は化学物質も多いと聞いたので極力刺激が少ないものを使用しています。

洗顔後もタオルでごしごしすることなどは絶対にしないようにしています。

これは体にも言えるのですが、かなり水分を奪ってしまうことや刺激によって逆に肌を傷つけてしまうと皮膚科の方からも教えて頂きました。

もちろん洗顔をせっけんでしているので、石鹸で落とせる・お湯で落とせるメイク用品を使用することを心がけました。

メイクで肌の赤みを消すのは簡単なのですが、こってりとしているようなファンデーションは肌が息苦しくなってしまいます。

でも時代の流れなのか現在は多くの種類のブランドでせっけんだけで落とせるメイク用品が売っています。

すべて変えることに抵抗がある方はまずは下地とファンデーションだけでも変えてみてください。

塗り重ねて顔の赤みを消すよりも刺激を与えず肌質を改善、そして薄すぎる肌を守り抜く方が、コンプレックス解消につながります。

もちろん、洗顔後は化粧水や乳液などで保湿をします。ただ、市販のものが合わない場合は皮膚科もお勧めです。

市販されていない保湿成分の高いクリームなども安価で手に入ると思います。

ほっぺたの赤みが特にコンプレックスだったので、安くてもいいからパックをするようにしました。

パックをするのが苦手な方は大きいコットンを買ってそれに化粧水をしみこませて頬だけにのせておくのもお勧めです。

正直、このようなシンプルなことの積み重ねで、赤ら顔だけではなく肌質が良くなりました。

これらのことを続けたことによって、赤ら顔はかなり改善されてきました。

おかげで鏡で自分のほっぺたを確かめる回数も減ったと思います。

もちろんレーザーなどあるのも知っていますが少しだけ不自然なものは怖さを感じてしまうので、まずは自分でできるできるだけ自然なものを取り入れてやってみました。

でも、相談できる皮膚科医の方を見つけるのはとても有効だと思います。

より体質改善をしたい場合は、漢方もあると聞いたので、今後調べてみようかと思っています。
頬の赤みを改善した方法|赤ら顔を治した体験談