薄毛に悩む男性の育毛対策体験談|私はこうやって育毛をしています

【30歳男性:結局AGAスキンクリニックへ行くことに】
20代後半になって薄毛が気になるようになりました。

しかし、まだ20代後半だしまだまだ早いと思い、あまり気にしないようにして過ごしていました。

最初はドラッグストアで売っている出来るだけ安い育毛剤を購入して、気休め程度に使っていた感じです。

育毛剤は2ー3千円くらいのものを三種類ぐらい試してみました。

半年ほど使用をしましたが、とくにこれといった変化を感じませんでした。

改めて鏡で自分の頭部をよく見てみると、車の免許証の更新の際に写真を撮った時に自分の思った以上に薄毛が進行しているのが分かりかなりショックを受けました。

また、友人からも「髪が薄くなったね」とか「苦労しているみたいだね」と言われるようになりました。

次第に、自分に自信が持てなくなり以前は積極的にいろんなことに取り組んでいましたが、周りの目を気にするようになり消極的になってしまいました。

このままではいけないと思い、ネットで治療法について検索することにしました。

周囲の人に相談するのは恥ずかしくてできませんでした。

そのように悩んでいる人は多いのではないかと思います。

育毛剤は使っていましたが、効果を実感するまでには至っていなかったので今度は、専門医で診察、治療していただく決心をしました。

ネットで評判や料金が安くて良いAGAクリニックを探し結局AGAスキンクリニックへ行くことにしました。

いざ診察していただきましたがやはり治療する必要があると言われました。

少しはっきり言われてショックでしたが、薄毛治療するしかないと決意が強まった感じです。

費用をかければ外科的な治療を受けて、効果を実感できると言われましたが、費用の関係で内服薬での治療を受けることになりました。

効果を実感できるのは人それぞれと言われましたが、平均で半年はかかると言われて辛抱するしかないと思ってプロペシアを飲み始めました。

すると、徐々に薄毛が減り、生え際に産毛が生えてきて、効果を感じるようになりました。

半年経過した頃には、髪の質が変わったように感じ、髪の一本一本が太くなったように思い、嬉しかったです。

劇的な変化ではありませんが、少しづつ回復しているのを感じるのは治療を続ける原動力になります。

今は内服薬での治療だけですが、その内、外科的な治療も経験してみたいと思うようになりました。

薄毛が回復するのと同時に気持ちも明るくなり、積極的に物事に取り組めるようになったのも実感しています。 これからも治療を継続していきたいと思います。
【43歳男性:きちんと寝ていれば髪量は改善】
私は35歳ころから頭頂部の髪量が少なくなりはじめ、40歳になる今では前から見ると地肌が見えるようになってしまいました。

私はこれまでは育毛剤までは試したのですが、特に頭頂部に改善はありませんでした。

考えてみると私は抜け毛が進行する時期とそうではない時期があることに気がつきました。

調子がよい時期は髪量が戻ったようにみえ、薄く見えたのは気のせいだったかな、と感じることもありました。

私は会社員として勤務しているのですが、一年の中で多忙な時期があります。

それなりにストレスもかかりますし、生活が不規則になります。そしてその時期には髪量が少なくなることに気がついたのです。

だからといって仕事を避けることはできませんので、私は対策を考えました。

私が勤務する会社では、多忙な時期にはなぜか飲み会が増えます。遅くまで残業するのに、それから飲みに行くのです。

私は大事な頭頂部のため、その年は飲み会のほとんどを断りました。自宅に帰るのは通常より遅くはなるのですが食事や入浴をすぐに済ませ、いつもどおりの時間に就寝するように心がけました。

私が頭頂部のために実践したのは、睡眠時間の確保です。良質な睡眠をとれなければ身体には負担がかかるのでしょう。

昨年までの多忙期は、肌が荒れ、体も重く感じ、体調がすぐれないまま仕事を続けていました。

しかし今年は何しろ寝ることを一番に考えていたためか、体調はよいまま過ごすことができました。

疲れがたまった後に良質の睡眠をとるとします。すると体は楽になり、頭はすっきりします。

それからもその生活を続けることができると、肌がいい状態になります。

男性である私はあまり気にしてはいないのですが、ふと自分の顔を触ったときに、もっちりとした肌になっていることに気付きました。

睡眠時間を確保することによって得られた身体の余裕は、最後の最後に髪に回ってくるようです。

きちんと寝ていれば髪量は改善する、というのが私の主張です。

飲み会や色々なことを犠牲にする必要はありますが、私にとって今は頭頂部の改善が第一命題だったため、実践することができました。
【33歳男性:専用のブラッシングを購入】
30歳に差し掛かるくらいから抜け毛に悩まされていました。

29歳半ばくらいから何となく髪の毛の抜ける量が多いと感じていたのですが、すぐに対策をしないといけないほど深刻ではありませんでした。

なので特に対策もせずに日常生活を送っていたのですが、次第に髪の毛の抜け毛の量が多くなっていました。

その影響もあり徐々に前髪が少なくなり髪の毛を切ると目立つようになってしまいました。

自宅の中でも抜け落ちている髪の毛が目に付くようになり、このままではいけないと思い育毛対策をするようになりました。

対策といっても始めは実際にどのような取り組みをすれば良いか全く分かりませんでした。

とりあえずインターネットやで調べて対策を進めました。

まず、抜け毛の最も大きな要因となるのが頭皮の環境である事を知りました。

毛根に皮脂や汚れが詰まって血行が悪くなっていたり、頭皮が傷付いてしまっている場合などは特に抜け毛が多くなる原因へと繋がります。

自分の頭皮の状態をチェックしたり意識する事が無かったためまずは頭皮環境を良い状態にしていく事から始めました。

頭皮の毛穴の皮脂汚れをしっかりと洗い流すためにぬるま湯で頭皮を温めて毛穴が広がった状態でシャンプーを行うように変更しました。

頭皮の毛穴がしっかり広がる事で毛穴に詰まった脂汚れをシャンプーで洗い流す事が出来ます。

さらにシャンプーをする際はこれまで爪でゴシゴシと洗っていましたが、これでは頭皮に傷が入ってしまい頭皮環境が悪化します。

自然と抜け毛の量が増えていってしまうのです。 頭皮に傷を付けてしまわないように専用のブラッシングを購入して頭皮を洗うようにしました。

ブラッシングは毛先が柔らかく頭皮の汚れを直接落とす事が出来ます。

これまで爪で洗っていましたが、ブラッシングや指の腹の柔らかい箇所で揉みほぐすようにしました。

マッサージをする事で頭皮の血行が正常に戻り毛根まで栄養が行き渡ります。

お風呂でシャンプーをしている際やお風呂上がりでも簡単に実践出来る点もメリットとなっています。

以上、のことを半年ほどおこなっていたら数多く抜けていた髪の毛も減ってきました。

頭皮の血行状態はとても大事だと改めて感じました。毛穴を清潔にして頭皮の血行を促進させる事は抜け毛対策になるのでオススメです。


AGA薬のプロペシアで髪の毛が生えた|薄毛改善の体験談